~ せんべいとチョコの出会い ~

今回ご紹介するのは、
抹茶チョコせんべい
です。

抹茶チョコせんべい

 

チョコモナカのようなお菓子を
想像していましたが
抹茶チョコを東北地方で食べられる
南部せんべいで挟んだスイーツです。

大きさは、縦9cm×横9cm×厚さ1cmで
ふわっと軽く
叩くとコンコンと音がして固いです。

せんべいには黒ゴマが混ざっていて
香ばしそうです。

また最中アイスのように谷が有り
4分割まで割って食べることが出来ます。

 

では、いただきまーす!

チョコモナカみたい

 

通常の南部せんべいは固いのですが
これは薄く焼いてあるので
軽く噛むだけで割れ
パリパリ、サクサク
と良い歯ごたえを楽しめます。

薄焼きのパリパリ感

 

中の抹茶チョコは程よく甘くて
抹茶の香りを楽しめます。
油分が多いクーベルチュールチョコなので
あっさりしたせんべいととてもマッチしますね。

せんべいには塩気があるのですが
この塩気が抹茶チョコの甘さを
引き立ててくれています。

また黒ゴマが良いアクセントになっていて
全体の香ばしさUPに一役買っています。

またレンジやオープントースターで
10~20秒温めると
外側のせんべいが焼き立てのような感じ
中のチョコがトロッと溶けて
違った食感になります。

 

南部せんべいは八戸や岩手県北部で
主に食べられていて
小麦粉、水、塩を混ぜて焼いたものです。

南部せんべいは個人的に好きで
お店でも見つけると買って良く食べています。

南部せんべいは意外とチョコレートとも合い
素朴だけど懐の広さを感じられました。

350円(税抜き)で3袋入り

1個当たりの単価が約120円なので
職場で配るのにはちょっとコストが高いので
自分で食べたり、特別な友達に贈ったり
の方が良いと思います。

 

こちらで購入できます。

12枚入りはこちらから購入出来ます。

おひとついかが?